本年度の不発弾等処理交付金事業の予算額が過去最高の32億4500万円になった。個人が家を建てる場合などに不発弾調査費を全額補助する「住宅等開発磁気探査支援事業」の予算が13億9100万円に増えたことが一因。国や県、自衛隊などでつくる沖縄不発弾等対策協議会で20日報告された。