21日は二十四節気の「夏至」。一年を通じて昼が最も長くなる。県内全域で南からのやや強い風「夏至南風(カーチーベー)」が吹いた20日、青空が広がった県総合運動公園では子どもたちのはしゃぐ声が響いた。