八重山が生息の北限となる海草ウミショウブが開花時季を迎えている。石垣島北部では15日、石垣市伊土名の海岸から市野底の海岸にかけて、ウミショウブの雄花が海水面上を走り抜ける姿が見られた。時折雨が降る悪天候の中、海原に強い流れが見え、だるま形の白い雄花が次々に風に乗って現れ、消えた。

この記事は会員限定です。
しまパス会員(無料)に登録すると、続きをお読み頂けます。