ジャイマヒシュマティ、ジャイバーフバリ!ジャイホー!インドの感嘆詞のようです。この言葉だけ覚えて、あとは体一つで桜坂劇場に足を踏み入れれば、そこはもう豪華絢爛(けんらん)、空前絶後のエンターテイメントワールド。

「バーフバリ 王の凱旋/完全版」(オリジナル・テルグ語版)

 昔々、インドを支配していたマヒシュマティ王国の跡目争いがテーマ。策略に敗れ、国を追放された元国王・バーフバリ。数年後、成長した二代目が敵討ちを果たす。という至ってシンプルな物語が今年初め、日本全国にバーフバリブームを巻き起こした。

 その最大の理由は、人口の半分ほどが天才肌のAB型、と言われるインドだからできた(?)、奇想天外なアイデアと、映像美。そして壮大なスケール。アンコールにお答えして、優美なダンスシーンもふんだんに取り入れた、完全版でスクリーンに復活です!(桜坂劇場・下地久美子)

 ◆桜坂劇場で23日から上映予定