米軍キャンプ・シュワブに隣接する名護市数久田で21日、農作業用小屋の窓ガラスが割れ小屋の中で銃弾のような物が見つかった。銃弾のような物は長さ約5センチ、直径1センチ強でけが人はなく、小屋の所有者から通報を受けた名護署が回収。米軍の流れ弾の可能性もあるとみて調べている。