【東京】名護市辺野古の新基地建設に伴う環境保全措置に関し、防衛省の解釈の在り方に疑念が膨らんでいる。サンゴの移植は工事着手後でも可能としている問題に続き、海草藻場も保全方法は移植に限らないとし、移植しないまま土砂を投入する可能性を示唆。