名護市数久田の農作業小屋で銃弾のような物が見つかった21日、米軍の流弾と断定されていないものの、県や名護市の関係者の頭には過去の流弾事故がよぎった。県職員が情報収集に追われる中で、謝花喜一郎副知事は米軍と断定されれば抗議する考えを強調した。