【名護】名護市辺野古の新基地建設に伴う埋め立ての賛否を問う県民投票について、渡具知武豊市長は21日、「県民が主体となって議論されるものと理解しており、一地方公共団体としてコメントは差し控えたい」と述べた。その上で、「一般的に、住民投票は当該地方公共団体の住民の意思が表される意義がある」とも述べた。