県の川満誠一企画部長は21日の県議会6月定例会一般質問で、県が昨年度実施した那覇と北部を結ぶ高速船の就航可能性調査で、那覇−本部間を起終点とし、北谷、恩納、名護を中継して収支を推測した場合、いずれも赤字となったと述べた。