沖縄市総務部の市史編集が戦争体験の証言を収めた「沖縄市史戦争編」の編さんを進めている。約10年前から地元の自治会や郷友会の協力を得て戦争体験者を探し、約180人の証言を集めた。こだわりは体験者が話すしまくとぅばで記録すること。