【東京】中谷元・防衛相と米太平洋海兵隊司令官のジョン・トゥーラン海兵隊中将は8日、防衛省で会談し、代執行訴訟の和解を受け工事が中断している米軍普天間飛行場の名護市辺野古への新基地建設を着実に進めることで一致した。

米太平洋海兵隊のトゥーラン司令官(右)と会談する中谷防衛相=8日、防衛省

 中谷防衛相は「和解を受け工事が中断しているが、辺野古への移設が唯一の手段である。一日も早く辺野古の移設が完了するように、全力を挙げていきたい」と政府の方針に変わりがないことを伝えた。

 トゥーラン中将は「(移設が)着実に進むことが重要であり、日本が普天間移設に傾倒していることは感謝している。引き続き日米で協力していこう」と応じた。

 また、両者は自衛隊と米海兵隊が引き続き訓練などで連携する重要性を確認した。