特定の保育所の利用を希望したり、育児休業を延長したりするなどの理由で、待機児童に集計されない県内の「潜在的待機児童」が4月1日時点の速報値で1487人となり、前年同期より100人減ったことが分かった。