糸満市の平和祈念資料館などで開催されている「マブニ・ピースプロジェクト」に参加するため、韓国・済州島などから21日、10人の交流団が来沖した。済州道立美術館のギム・ジュンギ館長=写真右=は「(多数の島民が虐殺された)済州島4・3事件と沖縄の歴史を重ねながら芸術を通して平和交流を進めたい」と語った。