「コシノジュンコが描くデザイン花火の世界と、泉谷玄作が撮る花火写真の世界」展が8日から、那覇市久茂地のタイムスビル1階エントランスで始まった。

コシノジュンコさんが描いた花火のデッサン画に見入る来場者=8日午後、那覇市久茂地・タイムスビル1階エントランス

10日まで。デザイナーのコシノジュンコさんが描いたデッサン画の展示会は国内で初。写真家の泉谷玄作さんとコラボレーションし、幻想的なデザイン花火のデッサン画と花火写真28点が展示されている。

 コシノさんは「誰でも気軽に見てもらい、触発されて子どもたちが絵を描くことなどに挑戦してもらえたら」と来場を呼び掛けた。

 コシノさんのファンという勝久美子さん(65)=那覇市=は「黄色や黒など原色が強調されていて鮮やか。個性的で彼女らしい」と作品に見入った。

 展示会は9日に宜野湾市で開催される第13回JALpresents琉球海炎祭を前に企画された。