【沖縄】季節の草花や熱帯果樹などが並ぶ第33回中部広域グリーンフェスタ大植木市(主催・中部広域グリーンフェスタ推進協議会、沖縄タイムス社)が沖縄市登川の市農民研修センターで開かれている。晴天にも恵まれた8日午後はブーゲンビレアの咲かせ方講座もあり、親子連れなど大勢の人でにぎわった。

色とりどりの花を楽しそうに眺める親子連れ=8日午後、沖縄市登川・市農民研修センター

 兼原小学校の入学式を終えたばかりの又吉紋央さん(6)=うるま市=は父・康史さん(39)と2人で立ち寄った。紫色の花が咲くペチュニアのカフナの一鉢を買ってもらい、「かわいいから好き」とうれしそうな表情を見せた。

 植木市には沖縄市を中心に約30業者が出店。市価よりも手頃な価格で販売される。10日まで午前9時~午後6時。