在沖海兵隊は22日、キャンプ・シュワブに隣接する沖縄県名護市数久田の民間地で銃弾のような物が発見されたことを受け、同基地内で実弾射撃訓練が行われる「レンジ10」を予防措置として一時的に閉鎖すると発表した。沖縄タイムスの取材に回答した。

 発見された銃弾のような物が米軍の銃弾かは明言しなかったが「地域社会の安全を大切にし、この問題を非常に真摯(しんし)に受け止める。県警とできる限り協力して調査を支援する」としている。