沖縄県は23日、太平洋戦争末期の沖縄戦で亡くなった20万人超をしのぶ「慰霊の日」を迎えた。73年前のこの日、沖縄戦の旧日本軍による組織的戦闘が終結したとされる。最後の激戦地となった糸満市摩文仁の平和祈念公園で「沖縄全戦没者追悼式」(県など主催)が営まれた。翁長雄志知事は平和宣言で、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設を阻止する姿勢を貫くとともに、国民に基地負担の軽減を求めた。

 沖縄戦犠牲者の名前が刻まれた「平和の礎」を訪れ、目頭を押さえる女性=23日午前、沖縄県糸満市の平和祈念公園

 沖縄全戦没者追悼式で黙とうする参列者=23日正午、沖縄県糸満市の平和祈念公園

 沖縄戦犠牲者の名前が刻まれた「平和の礎」を訪れ、目頭を押さえる女性=23日午前、沖縄県糸満市の平和祈念公園  沖縄全戦没者追悼式で黙とうする参列者=23日正午、沖縄県糸満市の平和祈念公園

 来年4月末に退位される天皇陛下は6月23日を、8月の広島や長崎への原爆投下日や終戦の日とともに「忘れてはならない日」としてきた。(共同通信)