安倍晋三首相は23日、沖縄県糸満市摩文仁で、名護市数久田で米軍のものとみられる銃弾が見つかったことに「命に関わる重大な問題」との認識を示した。22日にハガティ駐日米大使に対し、実弾射撃訓練を実施するキャンプ・シュワブのレンジ10を閉鎖するよう求め、受け入れられたとも明らかにした。沖縄全戦没者追悼式後に記者団に答えた。

 名護市辺野古の新基地建設では、「世界一危険といわれる普天間飛行場の固定化を避ければならない」と強調。三つの機能のうち、一つだけが辺野古に移転されるとして、騒音被害や学校、住宅などの上空の飛行が減るなどと説明し、理解を求めた。

 また航空機事故が相次いでいることには「子どもや住民の安全、安心が最優先であり、トランプ米大統領にも厳正な安全確保を強く要請している」と述べた。