ボクシングの元WBA世界ジュニアフライ(現ライトフライ)級王者で昨年、国際殿堂入りを果たした具志堅用高さんの記念祝賀会が28日午後6時半から那覇市のパシフィックホテル沖縄で開かれる。実行委をつくる興南高同窓会の松田米雄会長らが8日、沖縄タイムス社を訪れ「具志堅さんは県民に自信と誇りを与えてくれたヒーロー。みんなでお祝いしたい」と、多くの参加を呼び掛けた。

祝賀会への参加を呼び掛ける興南高同窓会の松田米雄会長=沖縄タイムス社

 具志堅さんは興南高でボクシングを始め、3年生の1973年に全国高校総体で優勝して翌年5月にプロデビュー。76年にWBA同級王者のグスマンを7回KOで倒し、9戦目で世界王座を奪取した。日本人最多の13連続防衛の偉業を打ち立てた。

 祝賀会のほかに、28日午後には興南中高の在校生に具志堅さんが講演する予定。29日には祝賀ゴルフコンペを西原町の沖縄CCで企画している。祝賀会の会費は5千円。問い合わせは同窓会事務局、電話098(884)3293。