インターネット通信販売最大手の楽天(東京)が、電力小売事業の県内進出を目指していることが分かった。同社は2013年に電気販売サービスの楽天エナジーを立ち上げ、県外で企業や家庭向けに電力小売事業を手掛けている。