自民党の小泉進次郎筆頭副幹事長は24日、報道各社の世論調査で次期党総裁候補の上位に名前が挙げられることについて「そう見ていただき、率直に感謝している。子どもから声を掛けられるような政治家でいたい」と述べた。大阪府高槻市で記者団に語った。

 被災地の視察後、取材に答える自民党の小泉進次郎筆頭副幹事長(右)=24日午後、大阪府高槻市

 小泉氏は「あくまで認知度調査だと思っている。自分が足りないことはよく分かっている」と強調。総裁選対応には「誰が出るのか、出ないのかも分からない。最後までしっかり考える」と述べるにとどめた。

 これに先立ち小泉氏は、大阪府北部地震の被災地を視察し、都市ガスの復旧作業に当たる作業員らを激励した。(共同通信)