宮古島海上保安署所属の巡視船「のばる」が沖縄県宮古島市の平良港沖の防波堤に衝突した事故で、第11管区海上保安本部は9日、乗組員15人全員が負傷し、うち3人が骨折する重傷だったと発表した。3人はそれぞれ顔面、肋骨(ろっこつ)、左腕を骨折。同本部は乗組員から状況を聞き取り、事故原因を調べている。「現時点では入港進路の誤りの可能性がある」としている。

防波堤への衝突で前方部が破損した海上保安本部の巡視船「のばる」=9日午後、宮古島市の平良港

 事故は8日午後9時ごろに発生。周辺海域のパトロールを終え、平良港に入港しようとした「のばる」が沖合の防波堤に衝突した。事故時、視界は良好だったという。「のばる」は9日正午すぎに防波堤から自然に離れたが自力航行できず、えい航されて午後3時45分に平良港に着岸した。