日本航空(JAL)グループはこのほど、空港での手荷物預け時間を短縮する「JALエクスプレス・タグサービス」を那覇空港で始めた。搭乗者が手荷物に取り付けるタグを自分で発行する専用タグ発行機6台を導入。カウンターでの手続き時間を1人当たり20秒以上短くできるという。

新たに設置された専用タグ発行機=那覇空港

 2015年3月に羽田空港で始めたサービスで、JALグループの飛行機、国内線乗り継ぎに対応。10台導入された羽田空港では10~20分ほどだった混雑時の待ち時間が5分以内に短縮できた。

 担当者は「初日から普段よりも混雑が緩和された。従来のカウンターと合わせて時間効率をよくしていきたい」と語った。