2017年(平成29年) 12月16日

沖縄タイムス+プラス ニュース

伊江島マラソン:渡久地政海、腹痛もトップ譲らず

 初出場で優勝した本部町出身の渡久地政海=千葉県=は、スタート直後からの腹痛で思うようにタイムが伸びず、「納得いかない」と唇をかんだ。 国際武道大の4年生で陸上部長距離ブロック所属。今大会は、本部町の体育協会関係者らの勧めで出場を決めた。 スタートから飛び出したが直後に腹部が痛みだし、治まらなかった。

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム
24時間 1週間
24時間 1週間