浦添市の村田夏希=オリックス自動車=が、2位に2分1秒差をつけて3連覇を果たした。「この大会で、競技として走るのは最後」との決意で走り抜き、有終のテープを切ると安心感からか涙がにじんだ。 小学4年で陸上を始めた。その時のクラブのコーチと偶然、スタート前に再会し、「がんばって」と声を掛けられた。