【平安名純代・米国特約記者】米海兵隊総司令部のラダー航空副司令官(中将)は21日、米下院軍事委員会の即応体制小委員会が開いた公聴会で、昨年10月に米軍普天間飛行場所属のCH53E大型輸送ヘリが東村高江に不時着・炎上した事故で、熟練操縦士が「緊急時に見事な対応をした」と評価した。