沖縄振興開発金融公庫の運営協議会(委員長・大城肇琉大学長)が22日、那覇市の沖縄総合事務局であり、行政と各界の代表者らが意見交換した。公庫の2018年度予算は前年度実績より190億円多い1705億円。「民業補完に配慮する」などの業務運営方針が報告された。