ことしの5月4日は憤りの電話が鳴り続けた。「またイリオモテヤマネコが死んだみたい」「もう3匹目だよ」。男性住民は受話器越し、全長77・1センチ、体重3640グラムのメスネコの死に深いため息を吐く。 くしくも同日未明、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の諮問機関は政府に「登録延期」を勧告。