【宜野湾】市立博物館で17日、市民講座「語やびら、イガルーシマ〜宜野湾編〜」が開催された。戦後、大部分の土地が普天間飛行場として接収された字宜野湾出身の玉那覇祐正さん(85)が登壇し、戦前の故郷の情景や戦中・戦後の様子を語った。