平和祈念公園の「平和の広場」では22日、白い5筋のサーチライトを沖縄戦で亡くなった戦没者のトートーメー(位牌(いはい))に見立てた「平和の光の柱」が夜空に伸びた。 広場では、軍人も民間人も、敵味方も関係なく名前が刻まれている平和の礎にならい、流派を問わない空手の演武が初めてあった。