翁長雄志知事は23日に開かれた沖縄全戦没者追悼式で、平和宣言を読み上げた。米国と北朝鮮が朝鮮半島の非核化に向けて取り組む状況を踏まえ「名護市辺野古の新基地建設は負担軽減だけでなく、アジアの緊張緩和に逆行していると言わざるを得ず、全く容認できない」と指摘。