安倍晋三首相は23日、名護市辺野古の新基地建設で8月中旬に埋め立て土砂を投入する国の計画について「普天間飛行場の一日も早い全面返還を実現するために最高裁判決に従い、関係法令にのっとって進めていく」と述べ、沖縄の負担軽減として作業を進める考えを明らかにした。