八重瀬町友寄の安泰を願う獅子舞。旧暦八月十五夜に、神獅子は姿を現す。首里王府から授けられたが、沖縄戦で失われた。大切な物だけに、なかなか再制作できずにいたが、画家で彫刻家の山田真山さんの手で復活、戦後24年を経た1969年、再び友寄で舞った。人々の獅子頭への思いを聞いた。