作家の百田尚樹氏が米軍普天間飛行場について「もともと田んぼの中にあり、周りは何もなかった。基地の周りに行けば商売になると、みんな何十年もかかって基地の周りに住みだした」との認識を示した。