祖父母の沖縄戦体験を記録する沖縄国際大3年の金城かの子さん(20)=南城市=が23日、祖父・寿助さん(79)、祖母・良子さん(80)らと糸満市の平和の礎を訪れた。いつもなら家族の先頭を歩く寿助さんの足が止まり、笑顔を絶やさない良子さんは刻銘された家族の名前を見つめ、声を詰まらせた。