麻生太郎副総理兼財務相は25日の参院予算委員会で、前財務事務次官のセクハラ問題に絡む「セクハラ罪という罪はない」との自身の発言に関する報道に不快感を示した。「ふざけた記事の作り方だと思った」と述べた。

 国民民主党の伊藤孝恵氏が、現行法令でセクハラ罪という罪は存在しないとする答弁書を閣議決定した事実関係を質問。麻生氏は「セクハラと罪の(単語の)間にコンマを付けて『セクハラ、罪はない』と書かれた。ねじ曲げて伝えられたのは甚だ残念だ」と強調した。(共同通信)