翁長雄志知事は25日、膵がんの治療のため県議会(新里米吉議長)6月定例会一般質問の2日目を欠席した。22日に知事欠席を把握していた議長が事前に与野党各会派へ伝えていなかったことから、この日、質問に立つ予定だった野党自民党は強く反発。この日の本会議は延会となり、自民の質問を28日に変更することで合意した。

翁長雄志知事の欠席をめぐり開始が遅れ、県議不在でがらんとした沖縄県議会=25日午11時20分ごろ

6月19日の沖縄県議会代表質問で答弁する翁長雄志知事

翁長雄志知事の欠席をめぐり開始が遅れ、県議不在でがらんとした沖縄県議会=25日午11時20分ごろ 6月19日の沖縄県議会代表質問で答弁する翁長雄志知事

 午前10時予定だった本会議は約9時間にわたり空転し、午後7時20分に開会。謝花喜一郎知事公室長は22日夕、病院側から25日に治療、検査を行うよう連絡があったと説明。「多くの重要な議案審議をお願いしている県議会を欠席することに、知事に代わり深くおわび申し上げる」と謝罪。新里議長は「議員に対し十分な周知がなされず、本会議の開会が遅れ、混乱をきたしたことをおわびする」と陳謝した。

 県議会事務局によると、知事欠席で一般質問の日程が変更になったのは1992年の大田昌秀知事時代以来。大田氏は風邪のため欠席した。