オリエンタルランドは25日、東京ディズニーランドと東京ディズニーシーで、アトラクションの待ち時間などが表示されるスマートフォンのアプリを7月5日に導入すると発表した。計画的に施設を回りやすくなり、課題となっていた混雑緩和に一役買いそうだ。

 入園すると、アプリが利用者の位置情報と連動し、アトラクションやレストランの待ち時間が一目で分かる。アトラクションの身長制限などが分かる機能もある。

 このアプリでは、チケット購入やショーの抽選などこれまで別々に提供していたサービスを集約した。グッズの購入や配送手続きも順次、可能になるという。(共同通信)