【ニューヨーク共同】米事務機器大手ゼロックスは25日、同社の買収を巡って対立する富士フイルムホールディングス(HD)に書簡を送り、アジア太平洋地域での事務機器販売に参入し、両社の合弁会社である富士ゼロックスと競合関係になると警告した。

 書簡は、ゼロックスのビセンティン最高経営責任者(CEO)が富士フイルムHDの古森重隆会長宛てに送った。富士フイルムHDが今月18日、買収計画を破棄したゼロックスを相手取り、損害賠償を求めて米ニューヨーク州の連邦地裁に提訴したことを受けた措置で、富士フイルムHDによる買収を拒否する姿勢を改めて鮮明にした。(共同通信)