10月14日投開票の豊見城市長選挙で、現職の宜保晴毅市長の不支持を表明している保守系の市議や市区選出県議らでつくる選考委員会(委員長・島袋大県議)が、市議の宜保安孝氏(41)の擁立を決めたことが25日、複数の関係者への取材で分かった。  宜保氏は市上田出身。

この記事は会員限定です。
しまパス会員(無料)に登録すると、続きをお読み頂けます。