資源枯渇から採取が禁止されているシラヒゲウニの生産増量を図ろうと、アースリング水産研究所(本部町、仲村行則代表社員)は、宜野座村漁業協同組合(仲栄真盛昌組合長)の協力の下、簡易で低コストの管理システムを備えた「完全陸上養殖」技術を開発した。県などによると、世界初という。

この記事は会員限定です。
しまパス会員(無料)に登録すると、続きをお読み頂けます。