テレビや映画で人気を博すアニメ「エヴァンゲリオン」の劇中クラシック音楽を演奏するミニコンサート「クラシック音楽とエヴァンゲリオン」が10日、那覇市おもろまちのサンエー那覇メインプレイスで開かれ、買い物客や家族連れなど約120人が優雅なチェロの音色などを堪能した。

劇中曲を演奏する辺土名直子さん(左)、知念利津子さん(中央)、城間恵さん=10日、那覇市・サンエー那覇メインプレイス

 演奏会は、監修を務める真栄里英樹さんが「『G線上のアリア』は劇中の戦闘シーンで使用された」などと解説を交えながら進行し、県出身の演奏家、城間恵さん(チェロ)、知念利律子さん(ソプラノ)、辺土名直子さん(ピアノ)の演奏で「カノンニ長調」「歓喜の歌」など6曲が披露された。

 県立博物館・美術館では5月8日まで「エヴァンゲリオン展」を開催している。