自民党は、「1票の格差」や「合区」問題に対処するため、公職選挙法改正案を国会に提出した。 国会の会期が7月22日まで延長されたことを受け、今国会での成立をめざす。 来年夏の参院選に向け制度改革は待ったなしだが、内容といい与野党協議の進め方といい問題が多く、評価できるものではない。