県内で開かれている日本民藝協会全国大会の一環で、協会会員約80人が25日、大宜味村喜如嘉と読谷・壺屋の2コースに分かれて、芭蕉布や読谷山花織など伝統工芸の制作作業を見学した。