【石垣】石垣島への自衛隊配備計画で、防衛省は22日午後6時半から、石垣市民会館で住民説明会を開く。沖縄防衛局の森浩久企画部長が11日、中山義隆市長に報告した。説明会はこれまで、候補地に隣接する開南地区の一部住民にあったが、全市民向けは初めて。防衛局は17日まで事前質問を受け付けている。

 同計画をめぐっては、候補地近隣の開南、於茂登、嵩田の3地区が1月に、配備反対を決議。市と市議会は国に対し計画の情報開示と説明を求めていた。

 報告後、森部長は「不安を払拭できるよう丁寧に説明したい」と強調。中山市長は「多くの方に質問を送っていただき、明らかにできる情報はしっかり開示してもらいたい」とした。

 事前質問の受け付けはメールやファクスなどで。詳細は石垣市や沖縄防衛局のHPに掲載している。