能力がありながら進学をためらう生徒を後押しする施策だが、支援対象は極めて限定的だ。 政府が閣議決定した「骨太方針」に、大学や専門学校など高等教育の無償化が盛り込まれた。 安倍政権の看板政策「人づくり革命」の柱で、年収380万円未満の世帯を支える仕組みを2020年度から導入するという。