返還合意から20年。普天間飛行場を抱える宜野湾市の佐喜真淳市長は11日、一日も早い閉鎖・返還を訴えた。一方、移設先とされる名護市の稲嶺進市長は「辺野古が唯一とする政府の思考停止」を返還が進まぬ理由に挙げ、批判する。日米両政府と対峙(たいじ)してきた歴代知事はどう考えるか。