1991年4月から27年余りにわたって「タイムス歌壇」の選者を務めた花ゆうな短歌会主宰の比嘉美智子さん(82)が、慰霊の日の6月をもって選者を退任した。「歌壇」四半世紀の歴史を振り返り、「短歌を通して歌人と喜怒哀楽を共に歩んだ何にも代えられない貴重な体験だった」と笑顔で語った。