米軍キャンプ・シュワブに隣接する名護市数久田の農作業用小屋で銃弾のような物が見つかった問題で、県警は26日までに、鑑定を始めた。県警科学捜査研究所が、回収物が銃弾であるかどうかを調べている。