ORICON NEWS

17年度 最も使われた“結婚ソング”は、ONE OK ROCK「Wherever you are」

2018年6月27日 17:23

 音楽特定利用促進機構(ISUM)は27日、ブライダルシーンで楽曲にかかる著作権・著作隣接権の周知、音楽と結婚式が深く結ばれることを目的とした『第4回ISUMブライダルミュージックアワード』を都内で開催。2017年度(17年4月1日~18年3月31日)、ブライダルシーンで最も利用された楽曲に贈られる「ミュージック賞」は、ボーカルTakaの歌声が沁みるONE OK ROCKのバラード曲「Wherever you are」が受賞した。

『第4回 ISUMブライダルミュージックアワード』の模様、(左から)司会の高橋真麻、ISAM代表理事のアレクサンダー・アブラモフ氏、「ブライダル賞」を受賞したエスクリ代表者、ISAM理事の湯川れい子氏 (C)oricon ME inc.

【一覧】どんな曲が人気だった? 17年度“結婚ソング”ランキングTOP10

◆新郎新婦目線の“身近さ”を感じる歌詞の楽曲が人気

 ISUMは、華々しい結婚式の演出に欠かせない音楽・楽曲についての煩雑な著作権・著作隣接権の権利処理を適切に行える日本初のスキームを提供し、手続きを代行している法人。著作権管理事業者、ブライダル関連の団体・企業の協力を得て14年より同スキームの本格運用を開始した。18年6月現在、スキームを通して許諾可能な楽曲は1万2000曲以上、スキームを登録しているブライダル事業者数は約1000社、楽曲の申請件数は月々8000件を超えるまでになっており、年々周知を広げている。

 これまでは、その年1年間にブライダルシーンで最も人気のあったアーティスト、楽曲のみを表彰してきたが、今回は初の試みとして「ISUMブライダルミュージックTOP10」として2位以下の楽曲も発表。2位には、英・ロンドンを拠点に活動する男性4人組R&Bグループ・Blueの「The Gift」(槇原敬之が楽曲提供)、3位にはNHKの連続テレビ小説『花子とアン』(14年上期)の主題歌としてお茶の間に浸透した、絢香の「にじいろ」がランクイン。なお、4位のBENI「永遠」は、15年度に最も使用された楽曲として同アワードを受賞しており、ブライダルソングとして今なお根強い人気があることを証明した。

 この結果に、ISUM代表理事のアレクサンダー・アブラモフ氏は、「我々の頃は『てんとう虫のサンバ』など、万人が知っていたような曲が結婚式で使われていましたが、時代の変化を感じる。今回のラインアップを見て特に“詞の大切さ”を感じましたね」とコメント。その指摘には、理事を務める湯川れい子氏も賛同。「以前は“結婚式のための音楽”みたいなものが目立っていたように思いますが、最近は共感を持てる曲というか、まず花嫁、花婿にとって身近な曲が選ばれている。そこがとっても面白いと思います」と話した。

◆健全な著作使用料の徴収には、さらなるスキームの向上が必要

 なお、長年結婚式の定番ソングとして多くの人に愛され、ブライダルミュージックに大きく貢献している楽曲に贈られる「ミュージック特別賞」は、安室奈美恵の「CAN YOU CELEBRATE?」。約1000社のブライダル登録企業の中で、ブライダルミュージックを正しく利用するための仕組み作りに最も貢献した企業に贈られる「ブライダル賞」はエスクリが受賞。同社は音楽著作権の管理を自社で行う体制を整えるため、音楽著作権専門チームを立ち上げたり、プランナー向けの勉強会を開催したり、利用者にオリジナルフライヤーを配布するなど、新しい運用を積極的に取り入れ著作権の啓発に務めていることから選定された。

 アワードを振り返ってアブラモフ氏は、「この4月で私どものスキームの本格利用が始まって5年目に入りました。多くのブライダル事業者様にご登録いただいている一方で、登録はいただいているものの私どものスキームを十分に活用いただけていないブライダル事業者様も目立ちます。私どもはこれを、使い勝手のさらなる向上の必要性を示すものであると捉え、問題点を洗い出し、精査し、解決することによって、より良いものにしていきたいと考えております」と、さらなる周知と普及を目指し意気込んだ。

 なお、同ランキング結果を踏まえたプレイリストが、サブスクリプションサービス「Spotify」にて公開となる。

オリコンスタイルは、オリコンNewS(株)から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

namie amuro Final Space 沖縄8/2(木)~9/16(日)

 

沖縄県出身歌手、安室奈美恵さんの四半世紀の軌跡をたどる展示会「namie amuro Final Space」が8月2日から引退する9月16日まで、沖縄市のプラザハウスショッピングセンター3階で開催されます。沖縄タイムス社などの主催で、タイムス社の創刊70周年記念事業の一環。

展示会は東京、大阪、福岡、沖縄の4都市同時開催で、各会場とも異なるテーマ設定や展示で、安室さんの歌手生活のファイナルを彩ります。

>> 安室奈美恵展:日程、チケットなど詳細
 

あわせて読みたい

関連リンク

ORICON NEWSのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム